チャンプ〜
土曜日はチャンプに行ってきました。約1ヶ月ぶりでしたが今回はB5M。簡単に走ることを期待してたんですがやっぱり難しい〜って感じ。ご一緒した皆さん、お世話になりました。
到着後、充電開始してからまず買い物。途中寄ったヒルトップで調達出来なかったB5用のフロントショックタワーとB5用の5mmヨーロピアンを買いました。その後N島さんのB5Mのユニバのピンの打ち替えを実演。下がコンクリートだと超簡単でした。家だともうちょっと叩かないとダメなんですけどね〜。その後走行開始です。まずB5よりよく曲がるなあと言う印象でしたが、けつが軽いだけなのか? N島さんにやってもらったところ、初期が無く、後曲がりの印象。でもこれはフロントストレートアームにすると解決するはずとのこと。N島さんのをやらしてもらうとどっしりしていながらよく曲がり、スロットルもピーキーじゃなくとてもやり易い車でした(ヒルトップでF本さんのB5やった時の印象に近いかも。)。とりあえずそのまま1パック走行してから、フロントアームとショックステーをB5用に交換。ここでヒンジピンが1本軽く曲がっているのを発見。しょうがないのでヒンジピンセットを購入〜。2パック目。確かに初期が出てやり易くなりました。でも全体的に動きが軽いのと、B5と比べて曲がりすぎるのでミスが多く周回が安定しません。それとジャンプが飛べないことも多い…。今回はレース参加も考えていたのでフロントタイヤはボブキャットクレイ固定、リアもスイッチクレイでピンの高さ違いや新品のスポンジインナーとか試しましたがジャンプの失敗の原因はタイヤではなさそう。ライン取りや車のスリッパー、デフの調整が原因か?。デフを若干締め込んで、スリッパーも強めにしてみても改善せず、そのうちパキッと言って走行不能に…。ねじれて着地して転がった影響でリアアッパーマウントが折れてました。購入時から付いていたハードの方でした。手持ちないのでアルミ買っちゃおうかとお店に行ったけどアルミは売り切れ〜。N島さんもフロントアッパーマウントのボールスタッドを折っていたので、手持ち同士で交換してもらいました。今回もハードタイプ。こないだヒルトップて壊したフロントショックタワーもハードだったし、ちょっとやな予感してたんですが、やはり悪い予感は的中するのかその後またやっちやいました。
f0084732_1594272.jpg
この部品はリアのショックタワーとセットなので標準品を購入〜。その後は破損はしませんでしたが、まだまだB5Mには時間がかかりそうです。やっぱりチャンプにはアルミシャーシで良かったのかな…続きます。
[PR]
by iamkoba | 2014-12-08 00:41 | B5M | Comments(3)
Commented by Jacky at 2014-12-08 20:26 x
今のチャンプは路面がガチガチなので、着地でリヤバルク破損やらショックタワー折れたり、ダメージは大きいですね!

僕もリヤタワーとリヤバルクを壊しました。アルミ部品もオーダー中です(´▽`)
Commented by iamkoba at 2014-12-08 22:14
あらら、タワーも折れちゃうんですね。ブログネタにするの忘れてましたが、使用2日目のウイングがボロボロになりました…安いヨコモのウイングは売り切れてました…コケすぎですね…。そうそう、某関西のサーキットの方のブログで見ましたが、アルミのリアアッパーマウントも折れちゃう様ですよ〜
Commented by Jacky at 2014-12-09 14:05 x
他社製品でアルミバルクが折れたのを見かけました。ボールスタッドが折れたりすると厄介なので、アルミバルクには64チタンのAVID製を使います。

9.5Tでピョンと通過するだけでも、斜面を大きく超えて平面着地になるのでなんだかなって思いますが(´ロ`*)
<< ウェイト〜 週末は… >>