V2エンドベル関連~その1
下の記事にコメントしてくださった匿名さんの情報を検証してみます。
まずは写真を見てください。
f0084732_134734.jpg

左の方がV2標準のOリング、右は京商のダンパーに使用するOリングです(アトラスも同じ)。
大まかに測定すると、標準は内径9mmで京商は内径8.5mmでした。線径はどちらも約1mmなので
V2エンドベルのベアリング押さえ(外側)に使用すると溝にしっかりはまらない感じです。
ですが、ベアリングの外周を押さえているOリング(ベアリングを取り外したときに見えるやつ)
の代わりに付けてみたところ、普通に使えそうでした(ベアリングをはめるとき挟み込まないように注意必要)。
f0084732_1194339.jpg
これなら普通に手にはいるので定期的にOリングを交換できそうです。
京商 W5181-05 ダンパーシール(M) 250円で4個入りです。
ですが、やっぱり標準サイズが良いってかたはここのSS9.5がぴったりではないかと思います。
どこで購入できるかは調査中です。情報お持ちの方はコメントください。
ベアリングの飛び出し防止策についてはまた明日!
[PR]
by iamkoba | 2006-08-24 01:29 | mono | Comments(2)
Commented at 2006-08-24 22:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by iamkoba at 2006-08-25 00:22
情報ありがとうございました!
<< V2エンドベル関連~その2 今日は暑かったですねえ・・・ >>