電源のお話
安定化電源で、ボリュームによって出力電圧を調整出来る物をお持ちの方で
その電源に過電圧保護機能がある場合、
ボリュームを回して電圧を上げすぎると、パワーオン時に電源の過電圧保護機能が
働き出力が出なくなることが有るそうです(最近、電源屋さんから教わりました)。
使用中に充電器の電圧表示が若干低かった場合、12Vになるように調整しがちですが、
親電源の停電等により電源が落ちて、再度電源が入った瞬間に現象が発生する可能性が
有ります。
その場合はコンセントからプラグを抜き、ボリュームを下げて(通常は反時計回り)しばらく
してから通電すれば復活すると思われますの、もしもの時はお試しください。
[PR]
by iamkoba | 2008-06-30 23:00 | mono | Comments(0)
<< 久しぶりにヒルトップに行ってき... 自宅PCのパワーアップ >>